読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魅力的な世界への入口

偏見や食わず嫌いをなくすべく世のあまたの魅力をなんとかお伝えするブログである

麻雀Part4

前回簡単な役をお伝えしてちょっとしたお話をしたところだと思う。

前回紹介した役がすべてではない。
今回はもう少し簡単な役をお伝えしてまとめようと思う。

まずは
トイトイホー
これはメンツの四つがすべて同じもの3つで構成された役だ。
いくらポンしても大丈夫!
そしてこの役はほかの役が絡みやすいため点数が高くなりやすい。

例えば1、9、字牌だけでつくると混老頭(ほんろうとう)という役に。
さてここで問題だ。
字牌がなくなるとなんになるだろうか?

前お伝えしたとおり字牌が混じらないので
清老頭(ちんろうとう)という役満で役では最強クラスだ。

ちなみに自力で3セット作ると点数がさらに大きくなる
三暗刻(さんあんこう)という役がつく上、自力で4セットつくると役満という最強ランクの役になる。
ちなみに暗刻とはポンしないで自力で3個揃えることを言う。
それを4個で四暗刻となるわけだ。

さて手っ取り早い役としては役牌を手に入れることだろう。
席には東南西北が決められているが、自分の席の方角を三個集めると1つの役になる。
また白(何も書いてない牌)や中や發を3つ集めても役になる。

反則についてだが
自分が捨てた牌ではロンで上がれない。
両面待ちの片方に捨てた牌がある時はロンで上がれない。
例えばあと1つメンツが出来ると完成の時にマンズの3.4をもっているとマンズの2もしくは5で上がれるのだが
マンズの2を先に捨てていると5でも上がれなくなるのだ。気をつけよう。
これはフリテンと呼ばれる。
またいっぱい牌もっていたり、牌が足りなくなることも反則だ。

と大まかな反則はこれくらいだろう。

ここまでの説明でゲームをするくらいは問題なくできるだろう。
役や反則、カンやドラについての説目をしていないがこれはやりながらのちのち覚えて行く方がいいだろう。

もしそこも含めて説明が欲しいという要望が多い場合は改めて説明をさせてもらうことにする。

麻雀とは
4メンツ1雀頭をの形で役を作るゲーム
一枚引いて一枚すてる。
牌を人からもらうことができる。
捨てた牌から役を予想していくと安牌がわかる。
ロンされると痛い。
反則がある。
とまぁこんな感じだろうか

麻雀の醍醐味は心理戦。
もちろん玄人は騙しも読みもうまいが
そこに運もかかわる。
だから初心者でも充分勝つチャンスがあるのが魅力だろう。
是非皆さんもしてもらえたらと思う。

ただし!
過度な博打は慎むこと!
以上!