読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魅力的な世界への入口

偏見や食わず嫌いをなくすべく世のあまたの魅力をなんとかお伝えするブログである

ダンスってなに? Part2

前回はダンスってなに?
というお話から大きく外れてしまったが
今回はちゃーんとお話します。

さてそれでは改めてまずはどんなダンスがあるのか、

ヒップホップ。
アメリカで1980~90に大いに流行った、
誰でも踊れる簡単なステップと乗りやすいビート、さらにはEXILEをはじめとするメンバーが踊るダンス!
ChooChooTRAINでもお馴染みのサイドステップや
R.Y.U.S.E.I.で知った人も多いのでは?ランニングマンなどが代表的なステップ

ロッキング
ファンキーさを追求した面白おかしいダンスであり、ファンクを中心とした速いテンポの楽しいミュージックで踊るダンス。
Lockingの名の通り鍵を占めるようなカチッと止まる動きや、ゲットダウンのようなアクロバットな技あり、アフロ、ボーダーの組み合わせといったクスリと笑っちゃうダンス。

ポッピング
ロボットダンスやウェーブといった動きが特徴でムーンウォークなんかはまさにこのジャンルの得意分野。ロボットのような動きをアニメーション、骨が消えてなくなるようなぐにゃぐにゃになっちゃうダンスをブーガルーとよぶ。


ブレイキング
言わずとしれたヘッドスピンをはじめとする、
花形ダンス。離れ業が多く、勢いや迫力がある!
片手で逆立ちして止まったりする技(ジョーダン)や頭と両手で体を支えるチェアーといった技
また背中で回るウィンドミルなんかはチャレンジした人もいるんじゃないだろうか?

ハウジング
音楽はまるでカフェやヘアーサロンで流れてそうな心地の良いリズムに遊びを入れた音使いのハウスミュージックで踊るダンス。
足のステップが主な技だが実は円を描いてリズムをとる。
玄人はかなり魅了されてしまう比較的新しいダンス。

ニュージャックスウィング
30~40代はこれで青春を過ごしたのではないだろうか?
ボビーブラウンのevery little stepや
MC hammerのU cant touch this
everybody dance nowなんかは今の若い世代も聞いたことがある曲で踊る小刻みなリズムとセクシーなファッション。
クラブミュージックっていえばこれというダンスではないだろうか?

ここまでは比較的日本でもおなじみなものを紹介したが
前回述べたように正解はない。
今新時代というか日本にまだまだ馴染みの薄く
これから勢いの出てくるだろうダンスを紹介しよう。