読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魅力的な世界への入口

偏見や食わず嫌いをなくすべく世のあまたの魅力をなんとかお伝えするブログである

ダンスとは? Part3

それでは前回の続きと行こう。

まずはクランプ
岩田剛典ことガンちゃんが得意とするダン
これは怒りを表現したダンスでTシャツを破ったり肘打ちやパンチなんかを表現して居るダンス。
ぶっちゃけ怖いけどみんなマッチョで男性のおっぱいぽろり率が高い

ボーンブレイク
体の柔らかさをつかったすこしグロテスクなダン
正直痛々しいがそれゆえ彼らにしか表現出来ないものがある
関節が外れかねないような動き。真似出来ない(笑)

ほかにも
ライトフィート
フットワーク
タッティング
などたくさんのダンスがある。

これはあくまでもジャンル。
ダンサーがその垣根をこえていろんなスタイルを吸収し新たなスタイルがうまれる。

とちょっとかっこつけてはみたんだが、、
真面目な話
ほかの人をトリコにできるかどうか
それ以外は何をやっても自分が正解だと思えば
すべて正解

なかなか会社員ではありえないシチュエーションではあるが
それがありえる世界というのがこの世界の魅了である。

世界大会でも予想なんてあってないようなもの
ほんとに何が起こるかわからない
ある意味誰が勝ってもおかしくない。

互いに自分のスタイル、自分というジャンルを作り上げてそれを審査員に認めさせていく。
相手に認めさせる。
客に認めさせる。

審査員によって結果も変わるのは当然
そういう世界なのだが

会社でやると
そういうやり方ではこまるよ、きみ
そんなんでは仕事の効率が悪いだの
言われるだろう(笑)

ダンスはもはや芸術であるが
芸術をみることで非現実を見てみるという楽しみ方をすることもまた見る側としての楽しみ方なのかもしれない。

今回は簡単なジャンルの紹介であったが
歴史を知ると面白いこともたくさんある。
どうやって今のスタイルに落ち着いたのか、誰が作ったのか、これは何を意味するダンスなのかなどがわかると渋さなどもわかるようになる。

それはただやりたいことをやるだけではなく
自分のやりたいことの裏付けにもなる。
それが信ぴょう性というか思いの重みになる。


同じ言葉を20代と60代がしても60代の方が心に響くあれである。

とまぁダンスの魅力からすこし真面目な話をしてしまったが
現実逃避をしてみたくなった時には芸術にチャレンジすると何かしらが見えるかも?しれない。

それをこれまで話したHIPHOPカルチャーから感じたならここまでのお話は少し意味があったかもしれない。

さて次回はグラフィティー?
と思うかもしれないがまだ勉強不足で魅力をお伝えするまでには至らないので
またの機会にさせてほしい。

さて次は何を書くかな