読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魅力的な世界への入口

偏見や食わず嫌いをなくすべく世のあまたの魅力をなんとかお伝えするブログである

ダンスってなに?

前回、前々回とDJについて話をして、
またダンスと密接に関わっていることを話したわけだが、一応念のために言っておくとラップにも大きな関わりがあることを言い忘れていたので言っておくとしよう。

ということで今回の主役はダンス。
ダンスって何?ダンスの魅了は?
ということをお話していこう。

ダンスは
音に載せて身体で表現すること。
といっても難しいので

ただ一番身近なものはヒップホップではないだろうか?
J Soul Brothersダンスはいわゆるヒップホップダンスである。

あのヒップホップダンスとはなんなのかを語る前にお話しなくてはならないことがある。

ただ同じ言葉でHIPHOPという言葉が実際にある。
これはダンスではなく文化だ。

ちょっと話は外れるが20世紀の終わりごろのアメリカのお話をしよう。
そのころのブルックリンというところではお金のない家庭がたくさんあって、
もちろん裕福でないが故に廃れた生活をしていた。
若者も働き口もない。そんな場所でどうやってお金をつくるか、、、、、
それは他人から奪うことだった。
そうして生まれたのがギャングと呼ばれる集団だった。

時は流れある時、Afrika Bambaataaという人物がギャングのリーダーを勤めていた。
彼はお金のなさ故に学校に行けなかったが大学に行きたいゆめがあり、とても頭がよかった。
また殺し合いの毎日にも嫌気がさしていたのだ。

そんな彼が外国へ出かけることになり、
ズール族という集団に出会ったそうだ。
彼は何もないのにいろんなものを使って音楽を作り出し、踊ったり歌ったりしてる彼らに衝撃をうけた。
これだ!!!!
と思った彼はこれを持ち帰り
暴力ではなく表現によって他人より秀でることをとなえた。
相手よりかっこいい音楽をつくる(DJ)
相手より巧みな言葉を音に載せる(MC、ラッパー)
相手より巧みな芸術を生み出す。(グラフィティー)
相手よりかっこいいダンスをする。(Bboying)

こうして自分らしさを全面に出しつつ、何にもとらわれない方法で暴力による解決をしない方法を作り出した。
そうして広がったこの芸術バトルをHIPHOPと呼んだ。

このカルチャー同様に
ダンスの魅力とは枠にとらわれず
なにを表現しても、なにをしてもいい。
その中でその人のみが感じた踊りをその場で出すところがもっとも面白みのある部分である。

さて
次回ももう少しダンスについてお話をさせていただくとしよう。