読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魅力的な世界への入口

偏見や食わず嫌いをなくすべく世のあまたの魅力をなんとかお伝えするブログである

音楽の楽しみ方 Part2

前回は歌詞のない音楽や
新たな音楽との出会い方について
やんわりお伝えした。

今回は歌詞のある曲の楽しみ方をお伝えできたらと思う。

まずcheckすべきは
誰が歌っているのか
何を歌っているのか
どんなメロディーなのか
の3点だ。

①誰が歌っているのか
誰が歌っているのか
その人の声質や歌い方を楽しむことができる。

例えば和田アキ子の歌うアンパンマンマーチは迫力がさぞあるだろう(笑)
これは少しふざけがすぎたが、みなさんが知っているであろう曲をカバーすると
その人の歌い方や抑揚、声の質で受ける印象がちがう。

男性のLove is overと女性のLove is overでは
男性だと悲しさと悔しさ?なんかも私は感じたが
女性のLove is overだと恋の儚さの方が強く感じる
といった男女でもイメージが違う。
これはカバーに限らずオリジナルでもその人が歌う曲ならこんな印象かな?
といったイメージや妄想は面白みの一つだ。

②何を歌っているのか
何を歌っているのか、
この人といえばこういうテーマなんていうイメージがあったりするので
そういった意味では歌詞の面白さなんかを感じることが出来るのではなかろうか。
その人ならではの表現があったりというのも誰が歌っているのか、
誰の書いた歌詞なのかというのでは面白い。

例えばRADWIMPSでは"どれだけ離れていて、
どれだけかかわりの薄くなっても関係ない。
たとえ離れていても会いに行くよ"
の表現を"僕が火星人でもたかがとなりの星だろ?一生で1度のワープをここでつかうよ。"

なんとまぁ極端なと思うかもしれないがそういう表現はいざ歌詞を書くとなかなかできないのだ。
そういうことが出来るのは非常に面白い。

③どんなメロディーか
やはりメロディーは大事だ。
気持ちのこもった歌を歌える音程や音楽それをもろに感じれるかどうかはぜひ感じてほしい点だろう。

恋のうたでもアップテンポだと楽しいや青春をイメージしたり、
ローテンポだとさみしさ、愛しさ、もしくは失恋なんてイメージを作ってくれたりする。
そういった音楽的な表現を感じれるのはメロディーのちからだ

これはあくまでも私なりの楽しみ方とはなるが歌詞のある歌ならではの楽しみ方というのは
この3点を見てみると一曲に対しての魅力をかなり感じることが出来るだろう。
ほかの楽しみ方がある方はぜひ教えてほしいのは
筆者の要望ということで今回はここまで!
以上とする。

音楽の楽しみ方

音楽好きの方はたくさんいるだろう。
好きなアーティストでそのファンとして音楽を聞く人
ロックバンドが全般的に好きな人、
洋楽や逆にオーケストラなど音楽のジャンルにも様々ある。

とりあえず今回はまず私なりの楽しみ方をご紹介したいと思う。

一つ目は
私はこのジャンル
このアーティストが好きというのがあまりないというか各それぞれの楽しみ方と気分で聞く曲を選んでいる。
例えばすごく暇な日曜日の朝とかは
んーカフェで流れてそうな音楽の気分だなー

とか
今日はドライブな気分だなー

とか
その日によって同じ暇な日曜日でもいろんな気分になると思う。
それをYouTubeで"ドライブ BGM"なんて検索するとそういう曲を集めたmixの動画があったりするので
とりあえずで流す。
そういうところで出会う
ビビビっ!と来た曲はshazamであったりsoundhoundといったアプリケーションを使って曲名を調べて、アーティストまでメモをする。

だいたいビビビっと来たアーティストはほかの曲でも心を射抜かれることも多い為にITunesTSUTAYAでアルバムを借りたりなんてして
たくさんの曲を聞く。

こうして自分の好きなアーティストや曲を増やして自分の気分に会うミックスを作ったり、
出会いを求めて人がつくったミックスを聞いたりして音楽を楽しむ。

ちなみに私はテレビが家にないため
本当に人が評価している曲を自分で評価して聞くような流れと習慣が出来てしまってる為、
人が知ってる曲は知らないけど
あっこれいい!
なんて言ってもらえる曲がたくさんあるようなのだ
嬉しい限りだ。

これは純粋な音としての音楽の楽しみ方である。
曲によってはカバーやREMIXなどの曲もあるが
中にはREMIXから入って好きになる曲もあるためその元の曲、ミックスされる前の曲を調べて聞いてみてそのミックスされることによって生まれた違いなんて言うのも楽しみ方の一つだ。

こうやって聞く音楽の大半は歌詞のない曲で
オーケストラ、ジャズ
またはそれを元にmixやカバーをされたinstrumentalと呼ばれる歌詞のない曲を楽しんでいる。

私の一つ目の楽しみは純粋な音の楽しみ方、
つまり楽器や音域を使っての表現を楽しむ楽しみ方と音楽の出会い方についてお伝えした。

次回は歌詞のある歌の音楽の楽しみ方を
私なりの方法でお伝えしようと思う。

トムとジェリー

逆に知らないのはかなりの年配のかたか生まれたてのお子ちゃまくらいだろう。
皆さんご存知のトムとジェリー
今回はなんとなく見ていた方も多いだろう。
気づかなかった魅力を少しでもお伝えできたらと思う。

作品の生まれはウォルト・ディズニーに負けまいとしたMGM社の生み出した作品だったようだ。

もともとは社会風刺の四コママンガだったようだが、時代の流れともにアニメ化し大ヒットとなる。


やんちゃでおっちょこちょいの憎めないネコのトムと
頭の良さは随一で愛くるしいさといたずらのセンスがひかるジェリー
この2匹の物語。

場所を変えてはあの手この手でジェリーをとっ捕まえて食べようとするトムに対して、
うまく逃げ回りさらには小馬鹿にするかのようにトムで遊ぶジェリーだが

彼らの魅力はなんといっても愛くるしさ。
わかりやすいテーマとお決まりの展開だ。
せっかく考えた作戦を次から次に返り討ちにあい、
風船や缶詰になったり、
自分が飛ばされたり、
一番多いのはネズミ取りに挟まれたりだ(笑)

やられっぱなしのトムだが実は何度もジェリーを追い込んではいる。
その度に見せる彼の優しさ故にジェリーは何度も救われている。

またジェリーもトムの窮地には何度も彼を救っている。

そうして生まれた彼らの友情に魅せられたファンも多いだろう。

他にもたくさんのキャラクターがトムとジェリーを盛り上げている。
トムの飼い主だったり、トムの天敵犬のスパイクだったり、スパイクの子供のタイクやトムの友人ジェリーの親戚なども登場している。

そんな彼らの足音や笑い声だったりは実はオーケストラの音で表現されていたことに気づいた方はどれだけいるだろうか?

中にはボイスアクターによる音声も入っているのだがそうした演出が彼らの仲良く喧嘩する様子をよりリアルに表現している。

もちろん効果音だけではない。
音楽による迫力はオーケストラだからこそ出せる圧巻のバックサウンドであることは間違いない。

とまぁこんな感じである。

さて今どれだけの方がご存知だろうか、、、
実は今FacebookのCartoonanimationでトムとジェリーを見ることが出来るのだ!

古い作品でまだ子猫の頃のトムの作品から
青年のトムに成長した作品までいろんな作品を見ることができる。
今回の記事を見て興味がある方は是非見てみるといいだろう。

麻雀Part4

前回簡単な役をお伝えしてちょっとしたお話をしたところだと思う。

前回紹介した役がすべてではない。
今回はもう少し簡単な役をお伝えしてまとめようと思う。

まずは
トイトイホー
これはメンツの四つがすべて同じもの3つで構成された役だ。
いくらポンしても大丈夫!
そしてこの役はほかの役が絡みやすいため点数が高くなりやすい。

例えば1、9、字牌だけでつくると混老頭(ほんろうとう)という役に。
さてここで問題だ。
字牌がなくなるとなんになるだろうか?

前お伝えしたとおり字牌が混じらないので
清老頭(ちんろうとう)という役満で役では最強クラスだ。

ちなみに自力で3セット作ると点数がさらに大きくなる
三暗刻(さんあんこう)という役がつく上、自力で4セットつくると役満という最強ランクの役になる。
ちなみに暗刻とはポンしないで自力で3個揃えることを言う。
それを4個で四暗刻となるわけだ。

さて手っ取り早い役としては役牌を手に入れることだろう。
席には東南西北が決められているが、自分の席の方角を三個集めると1つの役になる。
また白(何も書いてない牌)や中や發を3つ集めても役になる。

反則についてだが
自分が捨てた牌ではロンで上がれない。
両面待ちの片方に捨てた牌がある時はロンで上がれない。
例えばあと1つメンツが出来ると完成の時にマンズの3.4をもっているとマンズの2もしくは5で上がれるのだが
マンズの2を先に捨てていると5でも上がれなくなるのだ。気をつけよう。
これはフリテンと呼ばれる。
またいっぱい牌もっていたり、牌が足りなくなることも反則だ。

と大まかな反則はこれくらいだろう。

ここまでの説明でゲームをするくらいは問題なくできるだろう。
役や反則、カンやドラについての説目をしていないがこれはやりながらのちのち覚えて行く方がいいだろう。

もしそこも含めて説明が欲しいという要望が多い場合は改めて説明をさせてもらうことにする。

麻雀とは
4メンツ1雀頭をの形で役を作るゲーム
一枚引いて一枚すてる。
牌を人からもらうことができる。
捨てた牌から役を予想していくと安牌がわかる。
ロンされると痛い。
反則がある。
とまぁこんな感じだろうか

麻雀の醍醐味は心理戦。
もちろん玄人は騙しも読みもうまいが
そこに運もかかわる。
だから初心者でも充分勝つチャンスがあるのが魅力だろう。
是非皆さんもしてもらえたらと思う。

ただし!
過度な博打は慎むこと!
以上!

麻雀とは?Part3

前回ドキドキの心理戦に少し触れたところで今回は運の要素についてもお話をしよう。

やはり順番で一枚引く牌すべてが自分の欲しい牌ではない

だいたい1ゲームで引ける牌枚数は18枚あたり
その18枚すべてがいらない牌という可能性も充分あるのだ。

欲しい牌が来るかどうかはかなり大きな差をうむが正直来るか来ないか以外は実力によるものであるのが麻雀だ。
とはいっても欲しい牌が来なければもう絶望しかないのか?
そういうわけでもない。"鳴く"事ができる。

鳴く?
そう鳴くのだ人が捨てた牌をゲットすることが出来るルールだ。

そうすれば欲しい牌が来なくとも人からいただくことで、形を早く作ることが出来る。
では鳴き方を説明しよう。

〇ポン
これは誰が捨てた牌でもゲットできる。
ポンは同じ牌を2つ持っていて3つ目が欲しい時にすることが出来る。

〇チー
これは階段を完成させたい時に出来る。
ただし自分の左側の人からしかできない。
さらにポンとかぶった時はポンが優先される。

カンというのもあるがややこしいためここでは割愛をする。

鳴くことは早く手ができる反面やはりいいことばかりではない。
鳴くと鳴いた部分を公開しなければいけず、
さらには自分のあがりの点数が下がってしまう。
せっかく上がっても安い点になってしまったり、役によっては役そのものが無効になる役もある。

ここが麻雀のややこしいところだ。
鳴くとなくなる役には以下がある。
〇面前ツモ
鳴きがない状態で自分で引いて形が完成すること。
鳴く場合面前ツモという役はなくなるため、
例えばタンヤオチャンタと言った何かしらの役を備えながら鳴かなければ上がれなくなるのだ。

〇ピンフ(平和)
この役は説明するとややこしいためここでは割愛をするが、この役も鳴いた瞬間に役がなくなる。

〇ぺーコー
例えばマンズの2.3.4の階段の組み合わせがまんま二つある時1ぺーコー
2.3.4の組み合わせの他にピンズで7.8.9の組み合わせをまた2セットつくると2ぺーコー
となる。
これも鳴くと役がなくなってしまう。

とまぁ鳴くとなくなる役や
なくならなくても1点下がったりするため
大至急で上がりに行く時以外はオススメできないのが鳴きである。

また鳴いたあとはそこの牌を入れ替えたりできないため
上がりそうな人がいる時捨てられる牌の選択肢を狭めるため
安牌をつかみにくいのも鳴きのデメリットだろう。

運を越える方法も諸刃の剣ということか、、
というわけで運とその運を強引に変えるルールをご説明した。

さて次回はいよいよまとめに入りたいと思う。

麻雀とは?Part2

前回は簡単なルールをご説明した麻雀。
ここではさらに突っ込んだところへ皆様をご案内するとしよう。


4人でうち回す麻雀だが役がわからないからやらないという方は多いだろう。
そのあたりを含めてお話をしよう。

それではわかりやすい役からお伝えすると
タンヤオ
1.9字牌を一切使わずに形を完成させる。
チャンタ
1.9字牌絡みのみで形を完成させる。

チャンタという役は
字牌を三枚集める
●1もしくは9を三枚集めるか
●123の階段か789の階段
の三種類のメンツに加え雀頭の同じ牌の2枚も1.9もしくは字牌をで作らなきゃならない。

逆にタンヤオは今言った形を一切入れてはならないのだ。
まさに正反対。

続いて
ホンイーソー、チンイーソー
漢字で書くと混一色清一色
清一色
マンズ、ピンズ、ソウズの中から一種類のみで形を作る役
混一色
マンズ、ピンズ、ソウズの中から一種類のみとさらに字牌まで使って形を作る役

基本的に"混"という時は字牌も使っていいですよを意味する。

今の時点で四種類の役をお話した。
自分の手札から作りたいものを選択してその役を作るのが麻雀だが

今からお話するのは技術面についてだ。
と言ってもそう対した話ではないのだが
麻雀は一枚を引いて一枚捨てるそれを繰り返して役を作ることは説明済みなわけだが
捨てた牌は机の上で"これがいりません"と公開をして並べていく。

例えばタンヤオを作りたい時
1.と9と字牌があると役がなくなるためタンヤオができない。
したがって捨てるハメになるのだがそれを公開しなければならないため

周りの人は
1と9と字牌がいらないということはタンヤオか?とバレてしまう。

逆に言うとその人の捨てた牌を見ることで可能性の高い役と低い役を見つけられるのだ。

これは他人が捨てた牌であがることの出来る。
ロンを自分の番では起こらないように回避したい時に使える。

ちなみにツモだと点数を3人で分担して上がった人に支払いをするが
ロンだとまるまるロンされた人が点数を取られてしまう。

タンヤオの役が完成しそう人がいるなと感じたら1と9と字牌を切ることでロンされる心配がなくなる。

この時の1や9や字牌は安全な牌つまり安牌であると言える。

聞き慣れた言葉ではなかろうか?
あんぱいという言葉
そう、麻雀で無理して相手にロンされそうな牌を捨てないで無難にその場を凌ぐことから
今でも日常で使われる言葉だ
こうした心理戦が麻雀の醍醐味である。
さて次では運のイメージの強い麻雀の運の部分についてお話をしていこう。

麻雀とは?

前回まではかなりマニアックというか
かなり深いところまで突っ込んだおはなしをしたが
今回は打って変わって麻雀!
運の要素と知識がないとダメなイメージだが
シンプルな遊びでありとても神経を使う遊びである。その楽しみ方をお伝えできたらと思う。

ではまず簡単にルールをお伝えしよう。
牌と呼ばれる札がある。
これを一枚引いては一枚捨てるを続けて
1番はやく自分の手札の牌で役を完成させれば勝ち
というルールだ。

牌には数字が書いてある数牌と
漢字のみが書いてある字牌とがある。

数字は1~9まであり、数牌は三種類
漢数字に萬の組み合わせで書いてある萬子(マンズ)、
丸の数が数字を表す筒子(ピンズ)、
棒のような竹が数を表す索子(ソウズ)である。

また字牌は東南西北白撥中の8種類
合計35種類がそれぞれ4枚ずつあり合計140枚を使って遊ぶ。

基本的には4人で卓を囲って座る。
席には東西南北が振ってあり、東南西北の順番でプレーを行う。

とまぁこんな感じである。
皆さんご存知なところはこの辺であろう。

では上がりの形についてだ。
基本的には4面子(メンツ)1雀頭(ジャントウ)という形にしなくてはならない。
面子とは3個でワンセットのものを言い、同じものを3つか2.3.4といった階段のどちらかで形作られる。

例えば
東を三個集めると1個の面子になるし
マンズの3.4.5で一つの面子になる。

しかし
9.1.2のような形の階段はなく
また東南西や南西北は階段ではないのが注意だ。

この面子を4個作ってさらに雀頭をつくる。
これはなんでもいいので同じ種類のものを2個ワンセットにすることだ。

こうして14枚の手札の形が揃えば勝ち。
人が捨てたもので形が完成する時はロン
自分が引いた14枚目がちょうど上がりならツモという。

役については説明をしていないが
役によって点数が大きく変わり4ゲーム、もしくは8ゲーム終了時に最も点数を持っていた人が完全勝利となる。

さて面子という言葉は聞いたことがあるのではないだろうか?
これはもともと麻雀をするメンバーや麻雀で上がりを作る際の形を意味する言葉である。

メンツが揃わないなんて言葉で聞いた人も多いだろう。

さらには中国では体裁や面目のことを意味する。
それゆえメンツが丸つぶれなんて言葉も聞いたことがあるのではないだろうか?

とまぁ麻雀発祥の言葉ちょこちょこあるのでこれをきっかけに少しは興味をもっていただけたのではなかろうか?
次回はもう少し突っ込んだところへチャレンジしてみたい。